職場の規律ポリシー

会社の方針と期待は会社の円滑な運営を維持しますが、職場の規則に違反する従業員に直面することもあります。職場の規律ポリシーは、違反がドレスコード違反などの軽微なものであれ、ハラスメントなどの重大なものであれ、不適切な行動をとる従業員を適切に処理する方法を確立します。従業員を不適切に懲戒することは、差別や不当な扱いの告発につながる可能性があります。

目的

職場の懲戒方針は、他の会社の方針に反する特定の事件について従業員を懲戒するための標準的な手順を特定します。したがって、スタッフは、確立されたルールの1つに違反した場合に何を期待できるかを知っています。これは、職場内での不適切な行動の抑止力として機能する可能性があります。適切に定義されたポリシーにより、管理者と監督者の両方が、規則に違反した従業員に対処するための会社承認の方法を確実に持つことができます。

ポリシーの確立

職場の規律ポリシーを作成する前に、現在の従業員ハンドブックまたは従業員向けに確立したその他の規則のソースを確認してください。ルールが明確に述べられ、公正であり、参照のためにすべての従業員がアクセスできることを確認してください。従業員が組合に加入している場合、または団体交渉協定を結んでいる場合は、それらの契約を調べて、規律とその取り扱いに関するガイドラインを保持しているかどうかを判断します。これらの要素を考慮して、規律ポリシーを編集します。ポリシーには通常、さまざまな程度の違反を説明するためにさまざまな程度の規律が含まれています。

分野の種類

口頭での警告は、マネージャーが従業員を叱責または訂正するだけで、通常は従業員のプライバシーを尊重するためのプライベートな設定で、職場で提供される最も軽い形態の規律です。次のステップには、従業員の永続ファイルに配置される書面による警告が含まれる場合があります。場合によっては、違反により、従業員が同じ規則に再び違反しないようにするために、職務の停止または試用期間が必要になることがあります。最も深刻な結果は、解雇です。

実装のヒント

すべてのスタッフは、自分の行動の潜在的な結果を認識できるように、懲戒方針のコピーを受け取る必要があります。管理職のすべての従業員は、ポリシーの詳細とその実装方法をしっかりと理解する必要があります。差別や寛大さの苦情を避けるために、ポリシーを一貫して使用する必要性を強調します。従業員で使用されるすべての分野には、従業員のファイルに配置される添付のドキュメントが必要です。文書には、規律に影響を与えた従業員による行動と、それがどのように処理されたかを概説する必要があります。従業員が引き続き規律上の問題を抱えている場合、ドキュメントはパターンを確立し、問題を修正しようとした方法を示します。