オーロラシュレッダーで紙詰まりを解消する方法

Auroraシュレッダーは、紙、プラスチック、CD / DVDを細断するように設計された頑丈な機械です。必要なセキュリティのレベルに応じて、3つの切断構成があります。シュレッダーはほとんどの場合ジャムなしで機能するように設計されていますが、特にページをシュレッダーに送る前にステープルを取り外さないと、シュレッダーが詰まることがあります。ほとんどの場合、ジャムを解消するために必要なのは、シュレッダーのコントロールスイッチをすばやくフリックすることだけです。

1

シュレッダーが詰まったら、できるだけ早くオフにしてください。

2

シュレッダーから廃棄物バスケットを取り出し、空にします。

3

スイッチを「R」リバースモードにします。ほとんどの場合、これで紙詰まりが解消されます。必要に応じて、紙をつかんでそっと引っ張り、指が切断歯に近づかないようにします。

4

それでも紙詰まりが続く場合は、シュレッダーの電源を切り、コンセントからプラグを抜きます。

5

ドライバーなどの鈍器を使用して、切断歯の間から紙やプラスチックをこじ開けます。できるだけ多くの障害物を取り除いたら、シュレッダーをコンセントに差し込み、リバースモードに設定します。

6

紙詰まりが解消されるまで、手順4と5を繰り返します。