夜勤労働者のためのOSHA基準

労働省によると、通常の勤務シフトは、日中、週5日連続で8時間以内の勤務期間と見なされます。夕方に仕事を必要とするシフトは、労働省の基準によって延長または異常と見なされます。労働安全衛生局は夜勤を特に規制していませんが、OSHAは雇用者に危険特有の安全衛生基準を遵守することを要求しています。行政はまた、夜勤の潜在的な危険に対処する方法について雇用主に勧告を行います。

休憩と食事期間

労働安全衛生局は、夜勤労働者が疲労の可能性を減らすために、シフト中は定期的かつ頻繁に休憩を取ることを推奨しています。OSHAによると、休憩時間は昼食や夕食などの正式な休憩で構成する必要があります。さらに、夜勤労働者は、位置を変え、ストレッチし、集中力をシフトするために、夕方の間に小さな休憩を許可されるべきです。さらに、雇用主は、8時間を超えるスケジュールに対して追加の休憩を提供する必要があります。

従業員の監視

夜勤は、体の通常の睡眠スケジュールを混乱させ、精神的および肉体的ストレスだけでなく倦怠感を引き起こす可能性があります。労働安全衛生局は、そのような危険がオペレーターのミスや労働災害につながる可能性があることを示しています。政権は、雇用主が夜勤労働者を「注意深く監視」し、倦怠感、過敏性、集中力の欠如、うつ病、頭痛などのシフト関連の健康影響の兆候と症状を認識することを学ぶことを推奨しています。雇用主は、そのような症状を示している従業員を評価し、おそらく従業員がその地域を離れて休息を求めることを許可する必要があります。

適切な人員配置とスケジューリング

労働安全衛生局は、夜勤労働者がシフト中に休憩してリラックスできるように、雇用主が適切な人員を配置することを奨励しています。健康管理はまた、雇用主が労働者が休むための静かで人里離れた場所を確立することを推奨しています。労働者が夜勤に慣れていない場合、新しいスケジュールに適応するのに最大10日かかる場合があります。夕方のシフト中に十分な数の従業員がいる雇用主は、スケジュールに不慣れな労働者が必要に応じて追加の休憩期間を確実に受けるようにします。

危険暴露

健康管理は、雇用主が労働者が職場の危険に長期間さらされないようにする必要があることを義務付けています。 OSHAによると、特に夜勤労働者が潜在的に危険または危険な機器を操作しなければならない場合は、シフトの開始時に重い肉体労働または集中力を必要とするタスクを実行する必要があります。