販売方法のパーセンテージに関するGAAP規則

最も慎重な企業でさえ、製品やサービスを行き詰まりに売ることがあります。すべての悪いリンゴを事前に正確に特定することは不可能であるため、一般に認められている会計原則は、疑わしいアカウントを考慮に入れています。この勘定科目は、売掛金から償却する必要がある金額の見積もりです。販売方法のパーセンテージは、GAAPに基づく貸倒引当金を見積もる1つの方法です。

不良債権

簡単にするために、悪いアカウントが発生したときにそれを帳消しにすることをお勧めします。ただし、GAAPは、このアプローチが一致する原則と矛盾するため、このアプローチを許可していません。つまり、経費を収入に結び付けるというものです。貸倒れを帳消しにするのを待つときは、以前の収入から実際に発生する現在の収入、つまり売却時に実現した収入に費用を適用します。GAAPでは、売掛金にリンクされた「貸倒引当金」のような名前の対資産勘定を設定する必要があります。次に、貸借対照表は、売掛金の合計から手当を差し引いたものとして、純売掛金を報告します。

不良債権の見積もり

貸倒引当金を見積もる売上高の割合は、損益計算書の項目である売上高を使用して引当金を計算するため、「損益計算書の方法」です。まず、過去の記録を調べて、回収不能な金額になるクレジット売上。期間売上にこの売上係数のパーセンテージを掛けて、その期間の予想不良債権を計算します。次に、不良債権費用を借方に記入し、貸倒引当金に推定不良債務額を貸方記入します。方法では、同じ期間に収入とマッチング費用を予約します。

不良債権の償却

顧客が現金をフォークしないことが明らかになったときは、売掛金を帳消しにする必要があります。これは貸倒れです。最初の販売期間中にすでに費用を予約しているため、現時点では費用を予約しません。むしろ、貸倒引当金と売掛金の貸方を同じ金額で借方に記入して、貸倒引当金を減らします。純売掛金の残高は変更されていません。つまり、総売掛金を減らすために手当の一部を使用しただけです。したがって、損益計算書は償却の影響を受けません。

1年目の終わりに、過去3年間の売上高に対する不良債権の比率を計算すると、クレジット売上高の2%が不良債権として終わったことがわかります。 1年目のクレジット売上$ 300,000に2%を掛けて、疑わしいアカウントの手当$ 6,000を計算します。貸倒費用と貸倒引当金を6,000ドル貸方記入します。 2年目に、顧客は1,500ドルの売掛金の支払いをスキップします。手当勘定と売掛金の貸方から$ 1,500を借方に記入します。 GAAPは、回収業者の採用については推奨していません。