S法人にどのくらいの損失を含めることができますか?

事業を始めるとき、あなたはS法人を含むいくつかのタイプの法的組織から選ぶことができます、そしてそれはそれが提供する法的保護と税制上の利益のためにしばしば好まれます。たとえば、株主は、C法人の二重課税を回避するために、法人からの所得と損失を個人所得税に転嫁することを選択できます。内国歳入法は、S法人の株主が特定の課税年度に請求できる損失額を制限しています。3つの主要な損失制限は、株式ベースの制限、リスクのある活動、および受動的な活動です。

S法人株主の納税義務の決定

内国歳入庁は、S法人の株主がその年に支払うべき税金を決定するために、法人の総収入、損失、控除、クレジットの株主の比例配分、および総収入から許容される控除額を差し引いたものを考慮に入れます。内国歳入法のセクション1366の下で法人に。

在庫基準の制限

課税年度の損失と控除の合計額は、課税年度のS法人の株主の株式の調整後の基準と、法人が株主に支払うべき金額の株主の調整後の基準の合計を超えてはなりません。調整後の基準は、コードのセクション1366および1367(a)(1)および(2)に従って決定された、株主が会社の株式に保有する現金または不動産投資です。セクション1366に規定されている基本制限に従って納税者の損失が認められない場合、株主が会社の株式を所有しなくなるまで、損失は次の課税年度に無期限に繰り越される可能性があります。

リスクのある損失の制限

リスクのある活動とは、貿易、事業、または収入の創出のために行われる活動です。S法人の株主がリスクのある活動から損失を被った場合、コードのセクション465(a)および(b)は、株主の損失を、株主がその活動のために寄付または借り入れた他の資産の金額および調整後の基準に制限します。 。IRS Publication 925は、リスクのある金額は、リスクのあるルールに基づいて前の税年度に許可された損失によってさらに削減され、株主が活動から受け取った分配、活動の負債の再特性化、またはストップロスまたは同様の活動契約の開始。セクション465で許可されていない課税年度の損失は、次の課税年度の活動の控除として扱われます。

パッシブアクティビティの制限

コードのセクション469は、受動的活動を、納税者が定期的、継続的かつ実質的に活動の運営に参加していない取引または事業の実施を伴う活動として定義しています。受動的活動には、セクション469(c)(7)で説明されている不動産事業主の免除の対象とならない賃貸活動が含まれます。課税年度のすべての受動的活動からの株主の総損失額がその年のすべての受動的活動からの総所得を超える場合、株主は受動的活動損失を被ります。一般に、課税年度における受動的活動の損失は、株主がコードのセクション469(i)に規定されている不動産活動に対する25,000ドルの特別手当の資格がない限り、その課税年度では許可されません。課税年度に許可されなかった損失は、次の課税年度の活動の控除またはクレジットとして扱われます。